2019年 1-7月 2019年 7-12月

2019年 1月-7月

作品photo

よしざわ ようこ展

会期:2019年6月20日(木)〜7月2日(火)

画家で絵本のよしざわようこ先生が自然の中で生きる動物たちのユーモラスな表情などを優しいタッチで描いた油彩画、銅版画の新作20余点を展覧いたします。

こちらも御覧下さい

作品photo

渋谷重弘 作品展

会期:2019年6月6日(木)〜6月18日(火)

伝統的な琳派と油彩画の融合をテーマに作品を制作される、秋田市在住の洋画家で秋田県立美術館館長の渋谷重弘先生の新作展を開催いたします。
江戸時代の古文書に金、銀、銅箔を貼り、その上に油絵具で描くことで生まれた、渋さと華やかさが融合した独特な作品世界をお楽しみくださいませ。

こちらも御覧下さい

作品photo

今泉尚樹 作品展

会期:2019年5月23日(木)〜6月4日(火)

岩絵具とアクリル絵具の混合技法で描き、日本画にも似た独特な画風が魅力的な今泉尚樹先生の新作展を開催いたします。

こちらも御覧下さい

作品photo

安藤真司 展

会期:2019年5月9日(木)〜5月21日(火)

1960 岐阜県可児郡生まれ
1987 東京藝術大学絵画科油画専攻卒業
1989 同大学大学院美術研究科修士修了
1993 日本版画協会版画展〈版画協会賞〉
1994 文化庁優秀美術作品買上げ

東京近代美術館 町田市立国際版画美術館 美濃加茂市民ミュージアム等収蔵
現在 日本美術家連盟会員 日本版画協会会員 神奈川県葉山在住

こちらも御覧下さい

作品photo

名古屋剛志 日本画展

会期:2019年4月18日(木)〜4月30日(火)

東京藝術大学大学院(中島千波研究室)を修了し、日本画の清楚な画風とデザイン性に優れた構図が融合した創造的な世界を表現する新鋭画家として全国で活躍する名古屋剛志先生の個展を開催いたします。

こちらも御覧下さい

作品photo

宝永 たかこの世界展

会期:2019年4月4日(木)〜4月16日(火)

パネルに漆喰などを塗り立体感を出し、天然石やアクセサリーをコラージュする独自の技法で幻想的な世界を表現した作品が人気の宝永たかこ先生の新作約50点(手作りアクセサリーを含む)を展覧いたします。

こちらも御覧下さい

作品photo

桜花展

会期:2019年3月21日(木)〜4月2日(火)

県内外の人気作家が桜をテーマに描いた新作20余点を展覧いたします。

出品作家:大須賀勉(由利本荘市)、大谷有花(秋田公立美術大学准教授)、渋谷重弘(秋田県立美術館館長)、鈴木司(秋田公立美術大学教授)、高根沢晋也(秋田市出身)、湯口絵美子ほか(敬称略)

こちらも御覧下さい

作品photo

谷口 愛の世界展

会期:2019年3月7日(木)〜3月19日(火)

絵本挿絵などで活躍する新鋭画家、谷口愛先生の新作展を開催いたします。
漆喰で立体的に作られたマチエールに独特な世界感で描かれた作品をお楽しみくださいませ。

こちらも御覧下さい

作品photo

藤井 誠 展

会期:2019年2月21日(木)〜3月5日(火)

1984年 埼玉に生まれる
2007年 埼玉大学教育学部教科教育専攻美術教育専修 卒業
2009年 第44回昭和会展招待出品
  埼玉大学大学院教育学研究科美術教育専修(修士課程)修了
2010年 第45回昭和会展招待出品
  ビエンナーレうしく第3回全国公募絵画展大賞
  第64回二紀展奨励賞
2011年 第46回昭和会展招待出品
2012年 第47年昭和会展招待出品

こちらも御覧下さい

作品photo
作品photo
作品photo

立雛展

会期:2019年2月7日(木)〜19日(火)

奈良一途彫作家の高橋勇二(秋田県大仙市出身)、江戸縮緬を使った木目込み人形作家の藤代光雄、ガラス作家の井本真紀(秋田公立美術大学)、川北成彦、福田有見子、武次聡子、栗原瑠璃華が制作したお雛様の新作約50点を展覧いたします。(敬称略)

こちらも御覧下さい

作品photo

村尾沙織 コラージュアート展

会期:2019年1月24日(木)〜2月5日(火)

美濃和紙など様々な紙を鮮やかに染め上げ、100枚以上切り貼りしながら重ねて描くオリジナルの貼り絵技法で全国的に活躍する村尾沙織先生の秋田初個展です。
華やかで生命力のある動物画や女性画が多く、原画は鮮やかで立体感があるのが特徴的です。その唯一無二の作品群は、飾る空間と観る人に圧倒的なエネルギーを感じさせる強さを持っています。

こちらも御覧下さい

作品photo
作品photo

弘田優子・伊藤瑛子 二人展

会期:2019年1月5日(土)〜1月22日(火)

描いたり消したり、、、しています。もっと別の描き方が無いものかと思うのですが、いつもこうなります。絵の方も気持ちと共に動き、見る度に違う見え方があるように仕上げたいと思っているからです。弘田優子

音がないのに にぎやかだった こどもの頃の夢の中は いつもぺっとりとした絵の具の色だったように思います。伊藤瑛子

こちらも御覧下さい