作品photo

「みんなでお茶を」銅版画 590×395

逸見 亜古 展


逸見 亜古 略歴

1963 京都に生れる
1986

銅版画をはじめる

 
個展
1996 平安画廊(京都)
1998 平安画廊(京都)
1999 アーティスト美術館(大阪)
2000 南天荘画廊(神戸)
2001 スタジオアカマツ(滋賀)
2002 南天荘画廊(神戸)
2004 ギャラリー妖精村(京都)
2006 モノプリントを発表する
2008 全国各地で展覧会開催
2009 ギャラリー杉にて個展
2010 ギャラリー杉にて個展
2011 ギャラリー杉にて個展
   
  モノプリント(版を用いながら1点制作した作品)
 

絵本の原画のような作品を作りたいという思いから始まったモノプリントは、銅版画で全体の線画を刷りその上から日本画の絵具で着色し、更にその上から銅版画を刷り仕上げていきます。
* モノプリント作品は同じ絵柄でも、作品ごとに色合いが異なります

   
  銅版画(エッチング・アクアチント)
  版画は版を制作する作業と、版の上に紙をのせて刷る作業に分けられます。 1mmの銅板にグランド(ニスなど)を塗りニードルで線を描き、それを硝酸液に浸して線の部分を腐食します。この作業を10回位繰り返して全体の線画を作ります。そして面の部分を濃くするのに松脂を使い腐食するアクアチントを長い時間かけ、最後に白くする部分を削って版作りを完成させます。 完成させた版の上に硬いインクを温めてつめ、湿らせた版画用紙をその上にのせて大きなプレス機の中に通して出来上がります。


Back